BLOG SERIES連載ブログ

令和わらしべ長者 連載企画「令和わらしべ長者」

第2回 ブランド品中古販売店 社長 于涛氏 (前編)

日本で暮らす中国人社長に、ふえるワ!編集部員がインタビュー

こんにちは、ふえるワ!編集部員、謝です!
連載企画「にっぽんで暮らす中国人社長」は、中国出身の新入社員、わたくし謝が、日本で活躍されている中国人社長にインタビューし、日本での生活や成功の秘訣を学ばせていただく企画です!

第2回目は ブランド品中古販売店 社長 于涛(ゆ とう)氏にお話を伺いました。
日本での就職や中古販売についてなど、オンライン対談形式でお話を伺いました。

2000年頃から日本に留学して、会社を起業した

謝:于社長、本日はお時間いただきありがとうございます!于社長は、もともと日本で生まれたのですか?それとも何かのきっかけで日本にいらしたのですか?
于社長:2000年頃に、日本に来ました。自分も中国上海出身なのですが、その時の私にとって一番強く感じていた気持ち、やりたいことは国外に行ってみることでした。外の世界を見て、若いうちにたくさん挑戦して頑張りたいと思いました。20年前、その時の上海は東京と比べたら、まだ普通の都市でしたし、上海と日本の物価を比較するとやはり大きく違いがあると思いました。今の時代と全然違います。今の上海の発展は東京とほぼ同じですね。

謝:会社を起業するきっかけと経緯を教えてください。
于社長:日本で大学に通っていた時に、知人とゲーム関係の会社を作りました。その後、中古販売の仕事をしていた大学の先輩の友人がこの業界を勧めてくれて、私に色々と教えてくれました。そしてこの業界に挑戦することにしました。最初は別の留学生同様、日本語学校に行って、大学に入学しました。その後大学院に進学して勉強しましたが、自分の年齢を考えて一年半で退学して起業しました。30歳はもう学校にいるべきではないかなと思って、仕事に力を入れました。30歳になり、未来を考えなければなりませんでした。自分が一体何をやりたいか、何が自分にとって大事か、はっきり考えなければなりません。

謝:社員は中国人ですか?それとも日本人ですか?
于社長:一年半前ごろが、社員数が一番多く15名でした。90パーセントは日本人です。現在は、その時より日本人の社員は少ないです。現在は自分で二つの会社を持っています。メインの仕事は、ブランド品の中古販売店です。もう一つは知人の社長や他の会社の経営者と共同の建設会社を運営しています。

謝:于 社長の運営されているブランド品中古販売店は大黒屋さんと同じようなお店ですか?
于社長:そうそう、そのようなお店です。店先でブランド品の売買を行います。以前、うちの会社は米国との取引が多かったです。最近は人が少なくなりましたので、中国に商売に行きました。コロナの影響で社員も減り、観光客も減ったからです。

謝:これまでで一番大変だったことは何ですか?やはり新型コロナウイルスの影響で、観光客が減ったことですか?
于社長:実は新型コロナウイルスは当社に対する影響は、そんなに大きくなかったです。私達の会社は基本的にオンライン業務とオンライン取引が多いです。新型コロナウイルスの影響は、飲食業や観光業に比べ大きくないと思います。現在、弊社ではB to CよりB to Bの業務が多いです。商品の取引はオンラインショップがメインです。千葉県松戸市にある実店舗は、買取専門のお店になります。

第2回 ブランド品中古販売店 社長 于涛氏 (後編)は、こちらの記事から見ることができますよ!
(記事:第2回 ブランド品中古販売店 社長 于涛氏 (後編)

BLOG SERIES連載ブログ

BLOG SERIES連載ブログ