BLOG SERIES連載ブログ

令和わらしべ長者 連載企画「令和わらしべ長者」

第3回 日本僑報社 社長 段景子氏 (前編)

中国人社長インタビュー第3弾!日本での出版社経営について伺いました

こんにちは、ふえるワ!編集部員、謝です!
連載企画「にっぽんで暮らす中国人社長」は、中国出身の新入社員、わたくし謝が、日本で活躍されている中国人社長にインタビューし、日本での生活や成功の秘訣を学ばせていただく企画です!

第3回目は株式会社日本僑報社社長 段景子(だん・けいこ)氏にお話を伺いました。同社が企画する中国人の日本語作文コンクールはふえるワでも紹介しています。
中国で日本語を学ぶ友人に教えてね! 最優秀賞は日本に招待される作文コンクール
今年人気のテーマは何?第17回「中国人の日本語作文コンクール」入賞者を発表!

段社長は、1989年に北京から来日。日本で博士号(社会福祉学)取得後、大学教員などを経て、2004年より日本僑報社代表取締役社長を務められています。日本での生活や出版社経営について、オンライン対談形式でお話を伺いました。

25年前に出版社を設立

日本僑報社について教えてください。
日本僑報社は、25年前に創業した総合出版社で、日中関係、中国関連の分野の出版で日本の出版業界でも名前が知られています。日本と中国が歴史などの理由で近隣でありながら、両国の国民感情はとても敏感になっています。
当社の重要な理念の一つは、中日相互理解を促進すること。その理念のもと、さまざまな分野の本を出版しています。

日本僑報社

日本僑報社のホームページ:話題の本の新聞広告が目を引く

日本で出版社を始めたきっかけは何ですか?
当時の日本には中国に対して偏見がありました。例えば「中国人は自転車を盗む」といったもので、在日中国人に関してマイナスイメージを持つ人が多かったのです。報道にも偏りがあったように思います。
私の夫、段躍中(だん・やくちゅう)は来日前、中国の有力紙、中国青年報の記者でした。正しい中国人像を報道、出版を通して伝えようと、彼を中心に出版社を設立しました。彼が出版社を設立した時、私がサポートすることになりました。当社の出版方針、編集や広報などマスコミ関係は主人の担当で、経営と販売を管理するのが私の担当です。

日本人と中国人、外見は似ているが違う部分も

中日相互理解という大きな目標をどのように考えていますか?
中日相互理解は決して簡単ではないと思います。私は33年日本で生活していますが、一言で言えば、理解できれば誤解をなくし、仲良くできると思います。中国人と日本人の間には、歴史、文化など大きな壁がありますが、努力を続ければ乗り越えられないことではありません。
中国人の考え方はどちらかというと、直接的かつ開放的で、素直です。日本人は、考え方も行動も繊細で、日本では何事も自分でよく考えなければならないと感じます。日本人と中国人の外見は似ていますが、文化の違いはやはり大きいです。以前、ある人からこんな話を聞きました。「日本に来て3年たち、日本語ができるようになった。日本のことは何でも知ってると思った。5年目になってすごく自信があった。10年目になって、日本人の考えがよく分からなくなってきた。それから何年も経て、もっと分からなくなった」というものです。

相互理解に、御社が出版するような本が必要でしょうか?
今はテレビやネットで、欲しい情報が一瞬で手に入りますが、根源、原因を追求するのは難しいのではないでしょうか。状況は理解できても、多くの人が、なぜそうなのかを分かっていません。以前、ある留学生から、「日本の友達と仲良くしていましたが、なぜか突然連絡が途切れました」と相談されたことがあります。実はこれは、相手への理解が足りていないことの積み重ねによって起きています。その理由を理解するためにも、日本で本を読むべきです。日本に住んで1年、いえ10年経っても1冊も本を読んだことがないという話を聞くと、とても深刻な問題だと感じます。中国の古い言葉で「读万卷书,行万里路(萬巻の本を読み、万里の道を行く)」、つまり「一万冊の本を読んで博学多識になり、一万里の道を旅して体験を積む」と言われるように、本を読むことは非常に大切なことです。本を読まないと人の考えは深くなりません。

日本を知るためにも読書は大切

今はインターネット、SNSなどからも情報が手軽に入手できます。
SNSなどを否定するわけではありませんが、「なぜそうか」を知るには読書も大切です。例えば、日本での人生計画を考えたり、前に述べたような、なぜ急に状況が変化したのか理解したりするには、日本文化に対する知識が不可欠です。中国語では「入乡随俗(郷に入っては郷に従え)」と言います。私たちは今日本に住んでいますから、日本を知るべきです。そして「知己知彼」、自分のことも相手のこともよく知ることが大切です。日本で成功するためというよりは、中国人が日本の社会に入り日本人に尊敬され、認められるために、本を読みましょう。辞書を引きながらゆっくりでも構いません。

まず自分の興味のある分野の本を読めばいいですか?
はい、それがいいと思います。皆さん忙しいかもしれませんが、本を読む習慣をつけましょう。自分の子供に本を読ませたいと考える親は、子供に本を読ませる前に、親が率先して読むべきだと思います。社員に本を読ませる前に、まず社長が本を読むべきです。

今は電子書籍も増えています。
中国がいくら発展しても、中国の書道家がいなくならないように、紙の本がなくなることはないでしょう。必ずしも紙の本だけを読む必要はなく、大切なのは読書する習慣をつけることです。

中編では、日本僑報社の出版する本の内容などについて伺います。

BLOG SERIES連載ブログ

BLOG SERIES連載ブログ