BLOG SERIES連載ブログ

ふるさと納税福袋

ふるさと納税、2020年の期限は12月31日!

ふるさと納税期限の12月31日まで残りわずか。
ゴーン、ゴーン、ゴーン、除夜のカネは試合終了のゴング!
毎年、年が変わるギリギリまで決死の申し込みがあるようです。
でも、申し込みはできても年末に近づくほど人気の返礼品は品切れになってしまうので、
早めに寄付することをおすすめします。
さて、今これを読んでる人の中にも、
何を選ぼうか?どのサイトがいいのか?
迷子ちゃんになっている人はいませんか?
同じ返礼品を選ぶにしても、
サイトごとにポイントアップやギフト券、
電子マネーやカード会社とのタイアップなど見逃せない楽しみも増えていて、
ますます迷宮の中に入りこんでいるかもしれません。

一万円で1口応募。実質2000円負担でさらにお得!

ライフスタイルや自分の好みに合うサイトを利用するのが一番なのですが、
迷い人におすすめしたいのがふるさとチョイスの「生産者応援福袋」キャンペーン。
先日、プレス向け発表会に行ってきたのですが、
ふるさとチョイスは「自立した持続可能な地域をつくる」というビジョンがあるので、
寄附者向けにポイントやギフト券での還元をしていません。
でもそのかわり、日本全国47都道府県の「生産者応援福袋」を
なんと1万名にプレゼントするというスケールの大きなキャンペーンを実施しています。

ちなみに、福袋というのは何が入っているかわからないけど、お値段以上のものが袋に詰め込まれているという日本のお買い得セール。本当は中身が見えないんだけど、これはしっかり見えてます。
ずらっーっと並んだ全国の福袋はどれにしようか迷うほど豪華。
まさに私が迷宮に入り込んでしまいました。
北海道のブリッと大きなボタンエビ、
宮城県の牛タン、香川県の讃岐うどん、、、
どれもどっしりと重く、買ったらいくらするんだろう?
節約主婦、脳内計算したら結構な金額。ポイント還元以上のものがあるなぁ。。。

ふるさと納税福袋写真

1万円の寄付に対し応募口は1つ。
寄付すればするほど当選確率が上がるのですが、
1万名と聞くと当たる気しかしません!
いやもう当たる気でいます。
美味しいまぐろを食べる私が見えてます!
しかしこの大盤振る舞いは、
単なるお祭りさわぎという訳ではなく、
コロナ禍で行き場を失い困っている
生産者さんを救うための思いやり企画。
寄附する側だけじゃなく誰かのためになっている
Win-Winなスキーム、すばらしい!

同じ福袋でも、似合わなすぎてビックリな洋服の福袋とは違って、間違いなしですわ。

【キャンペーン情報】
ふるさとチョイス 生産者応援福袋キャンペーン
◆応募期間:2020年12月1日(火)~12月31日(木)
◆応募条件:
 1. 応援したい都道府県を選び、キャンペーンにエントリー
 2. 期間中に1万円以上のふるさと納税をする
※寄付金額1万円につき1口の応募となります。
※ふるさと納税で寄付できる自治体は、福袋で選んだ都道府県以外でも選択が可能です。 
◆キャンペーンURL: https://www.furusato-tax.jp/feature/seisansha-ouen-2020/
◆当選人数:合計1万人
◆当選発表時期:2021年1月上旬(予定)
◆福袋お届け時期:2021年2月下旬〜3月上旬(予定)

ふるさと納税福袋写真

ふるさと納税イメージ写真

ふるさと納税福袋イメージ

【くみくみさん情報】
アメーバブログ「くみくみのふるさと納税返礼品の記録
Twitter:@creamy9393

BLOG SERIES連載ブログ

BLOG SERIES連載ブログ