BLOG SERIES連載ブログ

ふるさと納税で漁師さんの手から食卓へ届く、おいしいお魚いただきま〜す!

商品:鮮魚
場所:長崎県佐世保市、宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市

場所:長崎県佐世保市、宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市

ヘェヘェボタンを押した最近の話。

旬と言えば「美味しく食べられる時期」だと思っていたのですが、ある記事で「味」の旬と「量」の旬、旬には二つの見方があるということを知りました。
一般的に魚は産卵前が栄養を蓄えていて美味しいタイミングだそうです。例えば春に産卵を迎える魚はその前の冬が美味しい時期。春に産卵を迎える魚が多いから、冬の魚が美味しいと言われるのだそうです。
なるほど、勉強になりました!

<2つの旬>
1)収穫量がピークになる時期
食材が多く収穫できる時期として、「旬」と呼ばれています。この旬に入ったばかりの先取りや初物も人気です。安くて美味しい食材を食べることができます。
2)食材の味が美味しくなる時期
食材が栄養をしっかりと蓄えている時期です。農作物は収穫量がピークになる時期と味がもっとも美味しくなる時期が一緒の旬になることが一般的です。しかし、魚介類はこの時期が一致しないことが多く、旬の味わい方も2つあります。

きれいな海から届いたお魚

さて、魚と言えば先日、長崎県佐世保市宇久島から鮮魚セットが届きました。

長崎県佐世保市宇久島

宇久島は海がきれいで、いつかそこでまったりとした時間を過ごしたいと思っているところなのです。主婦歴は長いのに魚をおろせない落ちこぼれ主婦、注文は、刺身多めなんてわがままもそえて下処理をお願いしました。
届いた魚は立派な鯛に、初めて聞く「ひらす」や「いさき」という名のお刺身、それにお吸い物によさそうなアラまでついたもの。

鯛、ひらす、いさき、魚のあら

普段、魚と言えばスーパーの切り身ばかり。姿があってもどこか腑抜けなヤツばかり。

切り身の刺身

宇久島の魚はハリもあれば磯の香りまで感じることができ、大きく思えた鯛もあっという間になくなり、2尾目を慌てて焼くはめに。。。悲しいかな、家族のリクエストに応えゆっくり食べることができませんでした。

焼いた鯛










東北の鮮魚をふるさと納税すれば復興支援に

実は鮮魚、宮城県気仙沼市から頂いたことがあるのですが、その時もわざわざ電話で好みを聞いて下処理をしてくれました。後にも先にも、あなごを煮付けるという未知の領域にチャレンジしたっけ。
東北つながりでは、岩手県陸前高田市の牡蠣も豊洲市場で高値がつくというだけあって立派な大きさ、料理上手な友人任せで食べたっけ。
どちらも東日本大震災で被害が大きかった場所。どこかで漁師さんの苦労を想像しながら、ありがたく頂きました。
ふるさと納税と言えば「何かお得にもらえる!」そんなイメージが強いと思いますが、頂いた寄付は地元の方の力になるもの。東日本だけではなく、このごろは地震、台風、大雨、大雪などの自然災害があり、そして昨年来からのコロナ。
少しだけ誰かのことを想像して選んでみてはいかがでしょうか?

R830 五島列島宇久島地魚詰め合わせ - 長崎県佐世保市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)

五島列島宇久島地魚詰め合わせ

地元漁師さんと一緒に新鮮でおいしいお魚をお届けします!【唐桑漁師さんの鮮魚セットB】 - 宮城県気仙沼市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)

唐桑漁師さんの鮮魚セットB

【特選】三陸海の恵み詰め合わせ【下処理可】 - 岩手県陸前高田市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)

三陸海の恵み詰め合わせ

【くみくみさん情報】
アメーバブログ「くみくみのふるさと納税返礼品の記録
Twitter:@creamy9393

BLOG SERIES連載ブログ

BLOG SERIES連載ブログ