TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

日本で支付宝(Alipay)は使い勝手がいいのか?

キャッシュレス支払いが主流ともいえる中国。どんなところでも支付宝かWeChat Payがあれば決済できるのは、とても便利でしたよね。日本もここ数年でキャッシュレス支払いが出回ってきたのはうれしいところ。

ただ、日本にはいろいろなPayアプリがあるので、どれを使ったらいいか迷うことがありますよね。中国本土で使っていた支付宝がそのまま使えたら、それがなにより助かります。

では今日本でどれだけ支付宝が使いやすいのか、調べてみました。

中国本土の支付宝そのままで日本円決済ができる

2018年から支付宝と日本のPayPayがサービス連携をすることになりました。それ以来使える場面が格段に増えてきましたよね。

特にうれしいのが、アプリを国際版にダウンロードし直したり、カードを日本のカードに置き換えたりしなくても、中国本土で使っていたそのままの状態で日本円決済ができるところです。支付宝は、中国国籍の人以外が開設するのは少しハードルが高いので、これはかなり助かりますよね。

大きく支付宝のマークがないところでも、PayPayが使えるお店では基本的に使えることがほとんどです。PayPayのQRコードの下に小さく支付宝マークがついていたら、支付宝アプリ内のカメラでスキャンして支払いができます。

様々なキャッシュレス決済

大手コンビニでも使用可能

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの日本大手のコンビニエンスストアでも支付宝に対応しています。QRコードを提示してスキャンしてもらえば支払い完了です。これも中国本土で使っていたアプリのままで問題ありません。コンビニで使えるのはかなり助かりますよね。

ただ、中には支払えないものもあるので注意が必要です。どのコンビニも公共料金の支払いや、ギフトカード、映画券、プリペイドカード、はがき等の購入には使うことができません。また電子マネーのチャージをすることができないのも覚えておきたいところです。

セブンイレブンではセブンネットショッピング以外のインターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払いや、nanacoカードの発行手数料にも使うことができないので注意してください。

ファミリーマートでは、一部の自治体指定ごみ袋が支付宝で購入することができないところもあるそうなので、心配な時は店員の方に確認してみてくださいね。

日本でも支付宝は使いやすい!

こうやって見てみると、日本でも支付宝はどんどん使いやすい環境になっていることが分かりましたね。ネットショップでもグローバル決済に登録すれば支付宝が使えるところもあります。これからももっと使い勝手が良くなるといいですね。