TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

アマゾンコメンテーターの募集?SNSの詐欺DMにご注意を

ツイッターに謎の返信(リプライ)

Twitterの返信画面

6月2日(水)夜8時ごろ、ふえるワ編集部員のTwitter個人アカウントに返信が来ました。
ツイッターの返信とは「@+アカウント名」を付けてツイートすることで、その人宛てにリプライを送ることです。

上の画像のように、本文には10個くらいアカウント名が並んでおり、文章はありません。代わりに画像が貼り付けてありました。



アマゾンコメンテーターの募集(オンラインパートタイム)。
年齢25歳以上、ネット通販が可能なら参加できます。
家でも好きな時間に仕事をすることができます。
リアルタイム給料決済。
一日平均一時間しかかかりません。
平均利潤は8000~20000円です。
興味があれば、ぜひlineにコメントしてください。
ID: usXXXX

なんだか怪しいですね。
上の画像で、アイコンが表示されているアカウント(仮にAさんとします)を確認すると、北米在住の外国人のようでした。日本語の投稿はありませんので、日本語が分かる人ではなさそうです。

これでピンときました。
Aさんはツイッターを乗っ取られているのではないでしょうか。
確認すると、上と同じようなリプライが、10件くらいあり、100人以上に返信を行っていると思われます。

インスタグラムにもDM(ダイレクトメッセージ)が

調べてみると、インスタにも同じようなDM(ダイレクトメッセージ)が届いているようです。



アマゾンコメンテーターの募集(オンラインパートタイム)。
1.店舗のランキングと品質評価を改善する
2.まじめで、責任感があり、思慮深い
3.インターネット起業家精神を行うためのアイデアを持っている
4.オンラインで30分間働き、より多くの仕事をし、より多くのお金を稼ぎます
5.日給8000~20000円
25歳以上の方は、このプログラムに参加できます。何千万ものコミッションがあなたを待っています。
興味のある方は、LINEをご利用ください。

ID: usXXXX

文面は少し違いますが、内容、LINEのIDも同じで、同一人物が送っているようです。

LINE でつながってみた!

あやしさ満載ですが、LINEのID検索をしてみました!
※ 記事を書くために、あえて引っかかったふり、だまされたふりをしました。真似しないでくださいね。

Ataenaさん?

すぐにヒットしました。
Ataenaさん。若い美しい女性のようです。
が、本人ではないでしょうね。ネットで拾った誰かの写真を、勝手に使っているのだと思います。

会話をしてみましたが、どうもちぐはぐです。

この後ブロックしちゃいました。

結局何のお仕事?


↑こんな注意も見つけました。

アマゾンに、いわゆるサクラのコメント、レビューを書く仕事かと思ったら、そうではないようです。
最初のリプライにあった、「コメンテーター」はどこにも出てきません。それどころか「コメントを書く必要はありません」と。
まとめるとこんな仕事でしょうか。

(1) 購入リンクから商品の購入手続きをする
(2) 商品は届かない(「商品の取引は生じない」とはっきり書いてあります)
(3) 商品代金とコミッションとやらを入金してくれる

ですが、(2)が終わった時点で連絡が取れなくなったらおしまいですね。
アマゾンが返金してくれることもありますが、実体のないソフトウェアダウンロードとかだったら、証明は難しいでしょう。

これは詐欺です。無視しましょう。

SNSでこのアカウント(Aさん)をブロックしても良いでしょう。

簡単に儲かる仕事はありません!詐欺に引っかからないようご注意

このような詐欺メール、DM、メッセージは残念ながら頻繁に届きます。

今年の1月には、中国大使館などを名乗る携帯電話を使った詐欺も多発していました。
(記事:携帯電話の非通知留守電に注意! それは、あなたを狙った詐欺!!

簡単に儲かる仕事が、向こうからやってくるなんてことはありません。
変なのが来たな、とスルーして相手にしないようにしましょう。
通報する仕組みのあるSNSの場合は、通報するのも良いでしょう。

SNSアカウントを乗っ取られたら

ツイッターでは、返信はこの画像のタブ「ツイートと返信」のところをクリックしないと表示されません。
Aさんも気づいていないかもしれませんね。

もし自分が投稿した覚えのない投稿があったり、登録しているメールアドレスに運営もとから警告のメールが届いたりしたら、どうしたらよいでしょうか。

第一にパスワードを変更することです。
ほかで使っているのと同じパスワードは避けたほうが良いでしょう。
パスワードの管理も大変ですけどね。

そしてもし二段階認証が設定されていなかったら、すぐに設定しましょう。
いつも使っていないパソコンやスマホからログインがあると、自分のスマホあてにショートメール(SMS)が届くようになります。届いたワンタイムパスワード(パスコード)をアプリまたはブラウザに入力しないと、ログインできません。

なお、冒頭のAさん。
乗っ取られていると思うのですが、相互フォローしていないため、DMを送ることができません。
Aさんのプロフィール欄に、Aさんが所属しているらしい団体のURLが載っていました。そこの「CONTACT US」から、ツイッターアカウント、@xxx(Aさん)のパスワードを変えたほうがいいですよ、と英語でメッセージを入れておきました。
Aさんに届くといいのですが。