TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

漫画で学ぶ!日本人と仲良くなる方法 #4【食事中〇〇すると日本人が嫌がる!音にこまかい日本人】

前回はお箸の持ち方について説明しましたね。
今回も引き続き食事のマナーについての話です。
今回の話はお箸が正しく持てないことよりも日本人が嫌うことなので、しっかりと覚えていってくださいね!

今回の話はお箸が正しく持てないことよりも日本人が嫌うことなので、しっかりと覚えていってくださいね!

今回の話はお箸が正しく持てないことよりも日本人が嫌うことなので、しっかりと覚えていってくださいね!

今回の話はお箸が正しく持てないことよりも日本人が嫌うことなので、しっかりと覚えていってくださいね!

今回の話はお箸が正しく持てないことよりも日本人が嫌うことなので、しっかりと覚えていってくださいね!

日本人が最も許せない食事のマナー違反と言っても過言ではないのが、”食べたものを噛むときにペチャペチャ・クチャクチャと音をたてること”です。

これは日本人がものすごく不快に感じることで、食事中にぺちゃくちゃと音を立てると、「もう一緒に食事をしたくない」と思われて二度と食事に誘われないこともあります。
恋人と食事中にこれをすると注意されるかフラれるかどちらかです。

口を閉じて噛めば音はしませんので、日本人と食事するときは強く意識してくださいね。

食べながら喋ると音が発生する上に口の中が見えて汚いので、喋るときは口の中のものを飲み込んでからにしましょう。

食事中の音になにかと細かい日本人ですが、実はひとつだけ例外があります。

そば・うどん・ラーメンなどの麺類をすするときは音を立てても大丈夫なんです。
これは中国と逆なので混乱しますよね。

日本ではそば・うどん・ラーメンを食べるとき、麺を噛み切らずに最後まですすって口に入れます。
レンゲに麺を載せて食べることもしません。

音を出さなければいけないわけではないので、麺をすするときは音が出ても問題ないと思っておきましょう。

以上、日本の少し矛盾している食事マナーの紹介でした。

FueruWHA!プロフィール

アジア言語・少数民族おたくのライター兼イラストレーター兼翻訳家。中国雲南省に半年間留学していました。大阪生まれ、外国語大学卒業。
アンティエン twitter