TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

ファイナンシャルプランナーによる生命保険の話 vol.1「在留外国人は日本の生命保険に加入できる?」佐々木 祥惠

日本の生命保険を知ろう!

「生命保険」とは、「死亡や病気・ケガ、介護など、いつ起きるかわからないけれど、いったん起きるとまとまったお金が必要となるような場合への備え」や、「子どもの教育費や老後の生活資金など将来必要となるお金を、必要な時期や目的にあわせて準備する手段」として大変有効な仕組みです。

もちろん皆さんの国にもあると思いますが、生命保険は国によってかなり違いがあるのです。

このコラムでは、日本に住んでいる外国人の方が「日本の生命保険」を上手に活用し、人生の様々なリスクに備えていただけるよう、お役立ち情報をご紹介していきます。

外国籍でも日本の生命保険に入れるの?

まず気になるのは、「外国籍でも日本の生命保険に入ることができるのか」ということではないでしょうか。

保険会社や保険の種類、または国籍によって異なる場合もありますが、多くの場合、以下の3つの条件を満たせば、加入することができます。

1) 在留カードや特別永住証明書を持っていること
2) 日本語の読み書きができて契約関係書類の内容を理解できること
3) 日本の銀行口座を持っていること

その理由は、以下の通りです。

在留カードや特別永住証明書を持っている

保険に加入するためには、現在日本の住んでいて長く住み続ける意思があることが前提となるため、それを証明するために必要となります。
在留カードか特別永住証明書のいずれかを所持しているか外国人登録が必要で、観光ビザ、または就学ビザで国内に滞在している場合は、生命保険には加入できません。

日本語の読み書きができて契約関係書類を理解できる

生命保険の契約は日本語で行うことになるため、保険の契約内容を十分に理解できる日本語の語学力が必要となります。具体的には、日本語で書かれた契約関係書類(重要事項説明、告知書、約款など)の内容を理解できるだけの日本語の語学力必要ということです。

日本の銀行口座を持っている

保険料の引き落としや保険金の支払いには、日本の銀行口座が必要となるためです。

このほか、保険会社や保険の種類、国籍によっては、加入の際に以下のような書類が必要になることもあります。
・本人確認をするための運転免許所やパスポート等
・日本に住んでいることを証明する住民票の写し等
・婚姻証明書(保険金の受取人が配偶者の場合等)
・米国納税義務者の方は、「米国納税者番号(TIN)を含む米国財務省様式W-9」、「米国内国歳入庁への報告に関する同意書」等の所定の書類等

また、保険金等の受取人等が日本に住んでいないと加入できない保険もあります。
詳しくは、保険の手続きをする際に、しっかりと確認してください。

まとめ

「ふえるワ」の読者の方の多くは、日本の生命保険に加入する条件を満たしているのではないでしょうか。次回以降は、具体的に保険の種類や選び方のポイントなどをご紹介していきます。

このコラムへのご意見やご感想、今後取り上げてほしいテーマなどがありましたら、以下のfacebookアカウントへメッセージをお送りください。

自分は日本の生命保険に加入できるのか、どんな保険がいいのかなど、個人的なご相談も歓迎です!お待ちしています。

FueruWHA!レポーター/プロフィール

佐々木 祥惠

佐々木 祥惠(Sasaki, Sachie)
■ 2級ファイナンシャルプランニング技能士(AFP)
■ 1級生命保険鑑定士

ファイナンシャルプランナー(FP)になる前に、25年間にわたり通訳翻訳会社では働き、日本に住む外国人の方々と一緒に様々なプロジェクトを担当してきました。

ファイナンシャルプランナーとなりお金や保険の勉強をするにつれ、自分が学んだことを多くの人に伝えたいと思い、保険代理店に所属し保険の営業だけではなく、マネー相談やマネーセミナーなどを行っています。昔大変お世話になった日本に住む外国人の方々のお役にも立ちたいと思い、このコラムを担当させていただきました。

プロフィール: https://salesbranding.jp/person/sachie-sasaki/
ブログ: https://ameblo.jp/fp-sasakisachie
Facebook:  https://www.facebook.com/sachie.sasaki.56/