TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

香港映画の歴史を回顧する特集上映「香港映画発展史探究」

『忠烈図』

中央区京橋にある、国立映画アーカイブで、 1月4日から30日まで、香港電影資料館の特別協力による、香港映画の歴史を回顧する特集上映「香港映画発展史探究」が開催されます。

戦前の社会派作品『女性の光』(1937)から1997年の中国返還を題材とした『花火降る夏』(1998)まで、 各時代の代表作を、日本未上映作品を含め合わせて21本、上映します。

広東語映画黄金期の文芸ドラマ『 寒い夜 』(1955)、 人気を博した粤劇(広東オペラ)の映画化作品『 蝶影紅梨記 [修復版]』、“香港ニューウェーブ”の嚆矢となったレオン・ポーチ監督『 跳灰 ジャンピング・アッシュ 』(1976)、2015年に作製されたジョン・ウー監督『 男たちの挽歌 [4K修復版]』(1986)、巨匠キン・フー監督の代表作の一つ『忠烈図 [4K修復版]』(1975)など、香港映画を形作ってきた豊かな水脈を発見する機会になることでしょう。

『男たちの挽歌』 © 2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

『男たちの挽歌』 © 2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

上映スケジュール等、詳細は国立映画アーカイブ
会場:国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(2階)
問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
定員:後日HPにて発表(各回入替制・全席指定席) 
チケット:一般:520円/高校・大学生・65歳以上:310円/小・中学生:100円/ 障害者(付添者は原則1名)、 キャンパスメンバーズ:無料(手数料のみかかります)
12月27日(月)以降、 毎週火曜日10:00amより、 チケットぴあにて翌週(火~日)上映回の前売指定席券(全席指定席)を販売します(初週のみ月曜日の12月27日に発売)。 [Pコード:551-747]

※館内でのチケットの販売・発券はありません。