TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

2022年もあっという間に終わってしまいましたね。日本は1月1日からお正月を過ごしますが
2023年の春節は1月22日。春節に関しては旧暦で数えるので、日本のお正月とは日付が異なります。

日本では年々お正月の過ごし方も簡素化されてきている印象。今回は中国での春節と比較しながら日本のお正月の過ごし方をご紹介します。

似てる!春節とお正月の過ごし方

大移動がある
以前中国で春節の時に違う都市に移動してしまったことがあり、駅構内で一歩も動けなくなった記憶があります…。日本でもお正月に合わせて実家に帰省する人が多く、12月30日くらいから高速道路や新幹線が大混雑し始めます。高速道路は東京から地方に向かう「下り」は長蛇の列になるので、東京に向かう「上り」はあまり影響を受けません。

連休を利用して海外旅行に行く方も多いですね。コロナの規制がゆるくなったので、今年は特に久しぶりの海外を満喫しようとする方で空港も混雑するかもしれませんね。

掃除する
今年の汚れは今年のうちに。この考えは中国も日本も一緒。いつもより入念に家の中を大掃除します。
古い言い伝えでは、12月28日までに掃除を終わらせておくのが縁起がいいそうですが、今時そこまで気にしている人はほとんどいない印象です。

お小遣いをあげる文化がある
中国に「红包」を渡す文化があるように、日本にもお年玉の文化があります。子供たちがお正月が好きな一番の理由ともいえるでしょう。中国ほどお金を入れるポチ袋に対しては思い入れは無い印象。

その時ならではの食べものがある
中国でも食べるものは場所によって違いますが、春節に食べる定番料理がありますよね。日本ではお節料理。最初にお汁粉を飲んで、一息ついたらみんなでお重に入ったお節をいただきます。今までは全部手作りする人も多かったですが、かなり手間がかかるものなので、最近ではネットで頼む方も多いですね。有名レストランが出すお節料理や洋風お節など種類も豊富。

春節とお正月、ここは違う!

町中が賑わう
中国で都市部にいたときは、地方に帰る人が圧倒的に多く町中がゴーストタウン化していた記憶があります。でも日本では、お店でお正月のセールや福袋の販売があるのでむしろ町中の方が賑わっている印象です。

休みが短い
春節は一週間はお休みになる一大イベントですが、日本では1月3日まで休んだら出勤が始まる人が多いです。3日間じっくり休んでから出勤する1日目は本当に辛い!


今回は簡単に春節とお正月の違いをご紹介してきました。初めて日本でお正月を過ごす海外の方からしたら、静かで少しさみしく感じるかもしれませんが、ぜひ日本ならではの雰囲気を楽しんでみてくださいね。