TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

「お疲れ様です」=「辛苦了」ではない?難しいニュアンス日本語

日本で生活していると、一つの日本語がたくさんの場面で使われているのに気づきます。しかもこれは中国語に直訳できないニュアンス日本語であることが多いです。今回はその中でも使う頻度が多い「お疲れ様です」をご紹介します。

目上の人にも使える「お疲れ様です」

「お疲れ様です」は、中国語に直訳すると「辛苦了」になります。仕事終わりの同僚に声をかける時など、日常で使う場面は多いのではないでしょうか。

中国語で「辛苦了」は友達同士など、少しフラットな関係性の時に使うことが多いですが、その場合は日本語の「お疲れ!」になりますね。これを敬語にした「お疲れ様です」は目上の方にも使うことができます。

ここで気を付けたいのが、同じ意味合いでも「ご苦労様です」は目上の方に使うと失礼にあたってしまうので、ビジネスの場面では使うのを控えた方がいいでしょう。

「お疲れ様です」には挨拶のニュアンスがある

「お疲れ様です」=「辛苦了」ではない?難しいニュアンス日本語

みなさんは出会い頭に「お疲れ様です」と声をかけられたことはないでしょうか?もしくは、昼間友達に会う時に「お疲れ」と声を掛け合っている場面を見たことはありませんか?

日本人の間では「お疲れ様です」「お疲れ」は、「こんにちは」の意味合いも含んでいるのです。とくに知り合いの間では「こんにちは」よりもナチュラルな挨拶の言葉になります。

私も待ち合わせをした友達と会う前に、フッと「なんと声をかけたらいいのだろう」と迷ってしまったことがあります。そして落ち着いたのが「お疲れ」でした。「こんにちは」だと他人行儀な雰囲気だからです。

この挨拶のニュアンスを含んでいるからこそ、日本人の会話では「お疲れ様です」が多用されるわけです。私は個人的に、「すみません」の次に「お疲れ様です」を使う頻度は多いのではないかと感じています。

最初のころは「疲れていないのに、なぜ辛苦了と言っているのだろう?」と不思議に思うかもしれませんが、そんな時は挨拶のニュアンスで使われている、ということを覚えておいてくださいね。

やっぱり上から目線?と感じたら

さきほど「ご苦労様です」は目上の方に使うのは失礼にあたる、ということをご紹介しましたが、心まで日本人化してくると目上の方に「お疲れさまでした」というのもすこし失礼な気がしてきます。

そんな時は「ありがとうございました」「お世話になりました」など、ポジティブな感謝を表す言葉に言い換えましょう。日本人はストレートに感謝の言葉を伝えることが少なく、「すみません」や「お疲れ様です」で済ませてしまうことが多いので、感謝を伝えると喜ばれることが多いですよ。

「お疲れ様です」が含んでいるニュアンスもつかみながら、会話の中で上手に使ってみてくださいね。