TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

ランドセルを背負う子供の後ろ姿

赤いランドセル、黒いランドセル

進化を遂げる日本のランドセル

来月から新学期がスタートします。桜のピンク色に染まった景色の中を、ピカピカのランドセルを背負った新一年生が元気に走る様子が浮かんできます。日本の小学校では生徒がランドセルを背負う様子は見慣れたものですが、実は日本独特のもの。ランドセルの通学カバンとしての使用は、明治時代に学習院初等科が採用したことが起源とされているようです。
かつては、女の子は赤色のランドセル、男の子は黒色のランドセルというのが一般的でしたが、ランドセルも進化を遂げ、色も様々なものが発売されています。今回は、土屋鞄製造所が手がけるシックで上品なランドセルをご紹介します。

子供の意思と個性を尊重するランドセル

職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける土屋鞄製造所は、子供の「好き」や「自分が選びたい」という意思を尊重し、後押しできるような商品として新シリーズ「RECO(レコ)」を開発しました。

グレーのランドセルを背負った女の子

ネイビーのランドセルを背負った男の子

RECOシリーズ誕生の背景

90年代頃までは、ほとんど「黒」と「赤」が主流だったランドセルの色。昨今はカラーバリエーションも増え、子供が自分で好きな色を選ぶ傾向にあります。
実際に土屋鞄が約3万名を対象に行った調査では「購入の決め手」となった点として、「子供が気にいったデザイン・色だから(69.6%)」という理由で購入された方が全体の約7割にものぼりました。
こうした子供の嗜好に寄り添えるよう、本シリーズは開発されました。

5色のランドセル

「誰でも」「どの色でも」自分の好きな色を
土屋鞄のランドセルは、「子供の個性に合わせて好きな色を選んでほしい」という思いから、カタログやWEBサイトなどで、性別で分けた製品のご案内はしていません。
男の子は「黒」で女の子は「赤」といった固定観念にとらわれず「誰でも」「どの色でも」自分の好きな色を選んでほしいと考えているからだそうです。
RECOは子供の「好き」や「自分が選びたい」という意思を尊重し、後押しできるようなシリーズとして提案をしています。

シックで飾らないブラウンのデザインのランドセル

色とデザイン

​カラー展開は全5色。
過去に特に人気の高かった定番色を基調に揃っています。
金具は各モデルの色が際立つよう、ソフトブラックとソフトゴールドの2種類が用意されています。サイズ・重さなどの詳細情報はWEBサイトでご確認ください。
RECOシリーズWEBページ

ディープレッドランドセル

ディープレッド 背当て・内装:ボルドー 金具:ソフトブラック

ブラックのランドセル

ブラック 背当て・内装:グレー 金具:ソフトブラック

ネイビーのランドセル

ネイビー 背当て・内装:ブルー 金具:ソフトブラック

グレーのランドセル

グレー 背当て・内装:ライトグレー 金具:ソフトゴールド

ブラウンのランドセル

ブラウン 背当て・内装:ライトブラウン 金具:ソフトゴールド










「色」を引き立てる、シックで飾らないデザイン

全体は装飾を控えたシックなデザインとなっています。革には防水加工を施した牛革を使っています。
「色」そのものを楽しめるよう、背当てや内装は同系色に揃え、内装は時間割を外して、すっきりとした印象になっています。細部まで美しさにこだわり、金具のデザイン性を高めるため、波紋のような円の形になっています。

細部にこだわったランドセルの内部

細部にこだわったランドセルの側面

赤いランドセル、黒いランドセル

土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)のランドセル

丈夫でシンプルなランドセル
土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造に打ち込み、子供たちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

職人の手仕事の様子

職人の手仕事によるものづくり
子どもたちと6年間をともに過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用して、職人の300を超える手仕事によりつくられます。
西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

土屋鞄製造所、ランドセル専門店

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店
工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、ランドセル専門店9店舗、合わせて11店舗を構えています。
革や木材をあしらった落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、工房の作業風景が映し出されるモニターを設置しており、ものづくりを感じることができる空間です。
興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した、土屋鞄製造所「RECOシリーズ」は、2021年3月10日より受付開始となります。
ぜひ下の詳細よりチェックしてみてください。

【会社概要】
会社名 :株式会社 土屋鞄製造所
代表取締役社長:土屋成範
所在地(本社): 〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5

【詳細】
RECOシリーズWEBページ
土屋鞄のランドセル WEBサイト
土屋鞄のランドセルfacebook
土屋鞄のランドセルInstagram
note「かぞく日和 from 土屋鞄」

【お客様お問い合わせ先】
電話:0120-907-647(平日10:00~17:00)
メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com