TIPS FOR FOREIGNERS LIVING IN JAPAN外国人向けお役立ち日本情報

結婚式

日本の冠婚葬祭は服装のマナーが多いことで有名。良かれと思って選んだ服装が実はマナー違反になっていることもあるんです。特に冬の結婚式は、何を着たらマナー的にも正解で、防寒対策もできるのか迷うところ。

そこで今回は、今更人には聞きにくい冬の結婚式の服装マナーをご紹介します。これで会場についてから恥をかく、なんて事態を避けられますよ!

選ぶべきアウターと、スマートな預け方

ー毛皮やカジュアルな素材は避けるー
冬は毎日登場するダウンコート。でも結婚式のときはカジュアルすぎるので、少し浮いてしまいます。カシミヤやウールなど高級感がある素材にすると、華やかな雰囲気にもあって綺麗にまとまります。

殺生を連想させる毛皮など、動物の皮の素材もおめでたい場面ではNGとされています。レストランなどで行われる少しカジュアルな結婚式では、ファーボレロなどを羽織っても最近ではOKとされている雰囲気があるので、そこらへんは参加する結婚式のフォーマル度によって決めてよさそうです。

どうしても良いアウターが見つからないときは、いつも着ている中で一番上品な雰囲気の物を選んで、会場に着いたらすぐにクロークに預けてしまうのも手です。

素材に気をつければ、あとはノーカラーだったりロングだったり形はインナーに合うものを選べばOKです。

結婚式

足元は寒くてもストッキング&パンプスで

喪をイメージさせてしまう黒タイツも日本の結婚式ではNG…。また、カジュアルになりすぎてしまう網タイツ、カラータイツもマナー違反。靴もブーツはカジュアルになってしまうので、履かない方がベターです。(高級感のあるショートブーツなどは、結婚式のカジュアル度によってはセーフな場合もあります)

シューズは、つま先が出るのもNG。(妻が先立つ、にかかっているそうです)
シンプルにパンプスを選ぶのがベストです。

どうしても足元の冷えが気になるときは、パンツドレスを選ぶのも手ですよ。

結婚式

ノースリーブはOK!ニットはNG。

冬でもノースリーブや半袖のドレスは選んでOKです。ただオフショルダーのような肩だしは夏でも冬でもNGです。寒さが気になるときは、シルクやカシミヤ素材の羽織ものを持っていくのがベター。華やかさもUPするのでおすすめです。

季節に合っているか気になるときは、カラーで冬っぽさを出しましょう。ボルドーやマスタードカラー、薄い色でもくすみカラーを選ぶと一気に冬の結婚式にピッタリの雰囲気になります。

ただ、ニット素材はカジュアルすぎるのでこれまたNG。フォーマル感が出るベロア素材やジャガード素材がおすすめです。


いろいろマナーに気を付けると、防寒対策がおろそかになってしまうことが多いです。寒さがどうしても苦手な人は、ドレスの中にカイロやヒートテックを中に仕込むことでより快適に式に参加することができますよ。